通信制高校で好きなことをしよう

通信制高校は時間が沢山ありますので、その分出来ることも多いのではないかと思います。
自宅学習が基本になりますので、自己管理さえしっかり出来ている方でしたらスケジュールを立てることが出来て充実させることが出来て良いかと思います。
アルバイトに時間を回したり将来の夢に時間を回したりと時間を有効に使う事が出来ますので、趣味に時間を費やしても良いのではないかと思います。


●通信制高校のスクーリングを利用しよう●

また通信制高校にはスクーリングというものがありますので、そちらを分からなかった問題を質問する時間にしてみたり友達を作るために話しかけてみたりなど色々活用させることが出来て嬉しいですよね。
家にいることが多いかと思いますので気分転換がてらどこかへ寄ってみたり、学校内を覗いてみるのも良いかと思います。
普段あまり学校へ通われないので、そういった機会に色々覗いて見て回るのも楽しそうですね。


●色々な人がいるから楽しい●

通信制高校には色々な方がいますので、多くの話を聞くことが出来て楽しいかと思います。
同級生から年下・年上の方までいらっしゃいますので人生経験についてのお話を聞くことも出来るかと思います。
なかなかそんな機会も日常生活の中では少ないので、非常に良いかと思いますが皆さんはどう思いますでしょうか?
せっかくですから色々な方とお話をしてみましょう。

外部リンク・・・学費の安い通信制高校(hhttp://www.sevillaporlarepublica.org)

通信制高校のメリットについて教えて

現在では通信制高校に通っている方も多いかとは思いますが、通われていない方は通信制高校についてどう思いますでしょうか?
やっぱりメリットについて知っておきたいですよね。
ご自分のライフスタイルによって選ぶことが出来ますので、そこが最大のメリットだと言えますね。
最近では科目も色々増えてきていますので、選ぶ選択肢もたくさんあって良いかと思います!


通信制高校は留年が無い?

全日制高校では単位が足りなかったりしますと留年してしまう事になっていますが、通信制高校ではその留年というものがありません。
とは言っても、その学校によって異なりますので前もってご自身が行きたいと考えている通信制高校について調べておくのが良いかと思います。
一般的に74単位ほどあれば良いと言われていますので、努力して課題などをこなすようにしましょう!
あくまでも平均的な数字ですので、よく調べてみるのが良いかと思います。


色々な人達と交流が出来る!

全日制ではご自分と同じ年や先輩後輩としか交流が出来ません。
ですが、通信制高校ですと色々な方がいらっしゃいますので幅広い年齢層の方と交流を持つことが出来て刺激になるのではないかと思います。
社会経験をお持ちのご年配の方もいらっしゃったりしますので、勉強だけでなく色々なお話を聞くことが出来て楽しいのではないかと思います。
また、ちょっとした相談などにも乗ってもらえるかもしれませんので、積極的にご自分から話しかけてみてはどうでしょうか?

通信制高校ならのびのびと学校生活を送れる

自分の世界を持っている方。その世界にできるだけ他の人を入れたくないと考えている方は通信制高校へ通うのに向いているといえます。
なぜなら、全日制高校など普通の学校なら避けては通れない人との関わりをなるべく最小限にすることができるというポイントがあるからです。学校にもよりますが、学習はほとんど自分のペース管理で行うことになります。
そこに他者との関わりはありません。できるだけ人の干渉無しで学校生活を進めていきたいと考えている方はぜひ通信制高校で学習を進めてください。そしてその後の自分の人生を明るいものにしてください。
通信制高校なら通信制高校だけでしか得られない知識、経験が手に入るはずです。
幅広い年齢層が通う学校なので、できるだけ多くの人と関わって、自分の見識を広げてください。


●通信制高校なら自分のお金で学費を賄える●

公立の学校ならなおのこと、学費がかなり低くなっているので、学校外の時間で働いて、その給金で学校に通う…というのも十分可能です。
しっかりと学習スタイルが確立しており、講師、カウンセラーのサポートを十全得られる学校は多少学費が高くなってしまいますが、贅沢を言わなければ30万円程度で卒業までこぎつけることができるでしょう。


●人間関係でトラブルを起こした人向け●

学校に通っているとその狭いコミュニティの中で何度も衝突してしまうことでしょう。
いじめ、なんていうのはたとえ大人になってからでも苦しむ人がいるくらい普遍的な問題です。
そんな学校の人間関係で悩んでいた人も通信制ならのびのびと勉学にはげむことができるはずです。
カウンセラーがいる学校ならそこで生じた問題、悩みに対応してくれるでしょうから、学校生活で悩みを感じる機会はとても少なくなるでしょう。

通信制高校のカウンセラー

通信制高校は年齢性別問わず、中学卒業見込みで高校卒業の資格がない方であれば入学することが出来ます。だからこそ、色々な事情を抱えた方が多く入学します。通信制の学校では、生徒の方々を様々な面からサポート出来るよう、カウンセラーの資格を教員に持たせているところも少なくありません。通信制に勤務するカウンセラーとは、どのような仕事をしているのでしょうか。


●教員として普段の仕事をこなす●

全日制の学校では毎日生徒を相手に授業を行うのですが、通信制高校ではそのような授業はスクーリングの時にしかありません。スクーリングとは、各通信制高校がコース別に指定している登校日で、その時間は学校で授業を受けることになっています。
毎日の授業がない通信制高校では、日々生徒の方々が定期的に送って来るレポートのチェックをし、テストの採点をすることが仕事の主軸になります。
更に行事や部活動に力を入れている学校ではその対応をすることになるので、デスクワークだけで一日が終わる訳でもありません。全日制の高校と同じように、通信制の高校でも教員は忙しいのです。


●通信制高校だからこそ出来るカウンセリング●

通信制高校のスクーリングは技術的なことを学ぶ授業の他に、先生との個人面談も用意されています。ここでは、普段の生活から学校生活のこと、学習での疑問点など、多岐に渡る悩みを生徒の方々から聞き、一緒に解決していきます。
全日制の学校では私生活のことまで教員が入って悩みを聞くことはなかなか難しいですが、通信制高校では生徒の数を少なくし、個人個人の生活までしっかり考えることが出来るようにしています。少人数制ならではの「行き届いた指導」によって、全生徒の悩みを聞いてあげることが出来るのです。
ただ悩みを話すだけでなく、普段はあまり外に出ないという生徒の方は、教員と日常会話をして時間を過ごすこともあります。このような人と接する時間を設けるということだけで、カウンセリングになる方も多くいらっしゃいます。

通信制高校だからこそ出来るカウンセリングとは、全ての生徒が安心して学べる環境を、学校という枠外でも整えるということです。在宅が中心だからこそ学習時間の中心が自宅になるので、そこでの環境がきちんと整っていない限り、生徒の方々もしっかり学ぶことが出来ません。

生徒一人一人のために尽したいという意思を持って仕事が出来る、通信制であるから出来る仕事なのです。

差別化のある通信制高校

私立は学費も設定が自由ですから、通信制高校における校風やカリキュラムについて魅力的な特徴でアピールすることができます。個別指導、進学、技能、就職など、人が魅力を感じるところというのはそれぞれですので、おしなべてというよりは、特化させたほうがそれぞれに人気が高くなるということは期待できるのです。また近頃ではグローバル化を受けて、語学に力をいれている学校もあります。


<語学と通信制高校>

語学の専門学校が母体となってる通信制高校もあります。その特性を生かせば、語学に特化したカリキュラムを提供するのはごく当然です。そのような学校であれば留学などの支援も充実し、海外に提携校を持って留学の高いノウハウやインフラを持っています。提携校ならば、安心して留学することも可能です。在学中に留学のプログラムを利用すれば、卒業後の進路や自分の将来に大きく影響が与えられるでしょう。語学学校はグローバルな人材育成を得意としています。何にたいして自分が興味がわくのかなどが明確ならば、その夢が実現しやすい通信制高校を探してみましょう。「アニメーション」や「声優」「コンピューター」、「芸術」「役者」などの業界にパイプを持つ通信制高校もあります。

通信制高校が向いている学習者のタイプ

通信制高校の卒業率は5割を切っていますが、私立においては学校ごとの違いが顕著です。
学校によっては卒業率が1割というものもありますが、その反対に9割や限りなく10割に近い学校もあるのです。
5割を大幅に越えるような卒業率を持っている公立の通信制は、今のところありません。
私立が全体的に卒業率が高く、9割10割といった卒業率を誇るのも私立です。
そのような学校は「卒業するためのフォロー体制が手厚い」ということが言えます。
しかしごくシンプルな通信制高校であっても、ちゃんと卒業している人がいるという点を見ると、ある程度の「向き不向き」が存在しています。


<シンプルな通信制高校でも卒業できるタイプ>

フォロー体制などがないシンプルな公立のようなシステムの通信制高校でも、卒業する人はたくさんいます。
もちろんサポート校と併用すれば更に卒業の可能性は高まりますが、サポート校に全ての生徒が通っているわけではありません。
公立の通信制高校は、自主性を重んじるカリキュラムとなっています。
自分で学習計画を立て、自分との戦いの中で単位を取得してゆきます。
確固たる目標が設定されていたり、ひとりで頑張りを継続させることが出来る意思の強いタイプの生徒であれば、卒業までモチベーションを下げずに学習し続けることが出来るでしょう。
また中学までの基礎力がしっかり身についているということも、有利な点となります。

通信制高校の課題について

通信制高校は毎日通う必要が無いので、その分自宅学習になります。
その課題は比較的に難しくはなく、中学で習った問題が出てくるから参考書を見ながら進めることが出来ます。
独力で進めるのが難しいと思う人は、サポート校へ通うという手段もあるので家族と相談をして決めるようにしてみて。
やはり、一人で進めるのでは集中力も持続しないので、誰かに教えてもらう方がよりはかどるのではないかと思うんですよね。


●通信制高校にも気分転換は必要●

通信制高校に通っている人は自宅で過ごす人が多いと思いますが、ずっと家に閉じこもっていては身体によくありません。
ですから、時々は表に出て陽の光を浴びたり空気を吸ったりしてみるのがいいと思うんですよ。
家にずっといたら気分もふさぎがちになってしまいますし、たまには外に出て気分転換することも忘れないように。
課題を進める場所も家ではなくて、図書館とかカフェとか場所を変えてみるのもよさそうですね。


●休養をとることも必要です●

通信制高校は自宅で過ごすことが多くなり、中には不規則な生活を送っているなんて言う人もいるのでは?
そんな生活を続けていれば、体調を崩したりしてしまうので、出来るだけ規則正しい生活を心がけるようにして下さい。
もし、体調を崩してしまった時は無理をせずちゃんと休養をとるようにしてもらえればいいなと思います。

通信制高校と旧大検(現・高校卒業認定試験)の違い

高卒認定試験に全て合格すると、高校卒業と同等の学力があることは認められます。大学の受験や高校卒業以上が受験資格要件となる国家試験を受けることも可能です。しかし高校卒業の資格が得られる通信制高校の卒業とは違います。


<通信制高校卒業と高校卒業認定試験合格の相違点>

高校卒業認定試験に合格すると、大学受験や一部の国家試験にある「必ず高校卒業の資格が必要である」という受験資格要件を満たすことが出来ます。高校に行っていなくても、受験の機会が得られるようにするため救済処置的な手段です。大変効率的な制度です。
しかしあくまでも高校卒業と同等の学力を持っていることを公的に証明するにとどまり、高校卒業の資格ではありません。通信制高校卒業で得る「高校卒業の資格」とは違います。


<最終学歴の違い>

通信制高校を卒業した場合と高卒認定試験に合格した場合では、最終学歴が違います。通信制を卒業した時点で、最終学歴は高校卒業です。高卒認定試験合格者は中学卒業が、厳密に言えば最終学歴となります。この事実がどのように影響を来すか自分次第のところはありますから、一概に優劣は付けることが出来ません。しかし大学進学や資格取得のために高校卒業と同等の学力があることを証明しなければならないときに、高校卒業認定試験を選ぶ傾向にあります。

通信制高校について気になること

皆さんは通信制高校について気になることってありませんか?
通われている方の中にも疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
まずは制服を着用するのかどうか、これはその学校によって違いますが私服で通われている方の方が多いとされています。
その通信制高校によっては制服も用意してあるけれど私服でも大丈夫といったところもあるみたいです。
ですが、制服は学生の時にしか着ることが出来ないものですので、制服が用意されているのでしたら着用してみてはどうでしょうか?


通信制高校って留年あるの?

本来全日制の高校でしたら留年はあります、単位などが足りなかった場合にはもう一年やり直すことを求められます。
万が一単位を落としてしまった場合、通信制高校ですとまた取り直せば良いだけですので留年というものは存在しないみたいです。
そこは全日制と比べて嬉しいところなので非常に助かりますよね!


卒業できなかったらどうすればいいの?

また中には卒業できなかったらどうしよう・・・と不安に思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。
通信制高校は一般最低でも3年で卒業とされていますので、それ以上かけても問題はないそうです。
その年数はその学校によって異なっていますので前もって調べておくのが良いでしょう。
仕事などと両立のできない場合でしたら上限年数の無いところを選ばれるのが良いかと思います!

通信制高校と定時制の違い

通信制高校に通おうかなという時に、比較対象としてよく上がるのは定時制高校ですよね。いったいどんな違いがあるのかを見ていきましょう。


通信制高校と定時制の違い

まず通信制高校というのは授業を学校でやるのではなく、自宅などで行なうのがメインです。学習自体は自分の空いている時間など自主的にやるというのが大前提です。
それに対して定時制高校の場合は、授業を行なう時間帯が全日制高校とは異なり夕方の5時や6時くらいから始まるというだけで、週5日学校に通って教室で授業を受けるというのは同じです。毎日決まったクラスに行き、決まったクラスメイトたちと同じ授業を受けます。


定時制の場合は4年通うところがほとんど

また大きな違いの1つとして、定時制高校の場合は、毎日受ける授業の数が固定で、それに基づいて計算するとほとんどの人が卒業するまでに4年かかります。
通信制高校の場合は基本的に3年間で卒業できるように設定されていますし、もちろんそれ以上の時間をかけて卒業することも可能です。
また、通信制高校なら最初は完全に自宅のみでの学習で、少しずつ慣れてきたら週2日だけ学校に通い、さらに慣れたら週5にするということも可能ですが、定時制の場合は「週5日」から揺らぐことはありません。
自由度の面においては通信制高校に圧倒的に軍配が上がります。

通信制高校を卒業したい!

現在通信制高校に通われている方々の中には通信制高校を卒業したい!と強く思っているかと思います。
ではどうしたら通信制高校を問題なく無事に卒業することが出来るのでしょうか。
そこで大事になってくるのが出席率と単位なのではないかと思います。
自己管理をしっかりして課題やレポートをこなして提出している方でしたら比較的問題なく卒業できるのではないかと思います。
やはり、こつこつ努力をして頑張ることが卒業への近道だと思います!


通信制高校を卒業したらどうすればいいの?

いざ通信制の学校を卒業したら、ご自分のやりたいことに進まれるのが良いかと思います。
前もって在学中に何がしたいのか探しておくことが良いのかもしれませんね。
ご自分のやりたいことを見つけておくと進路を決めになる際に選びやすくて良いかと思います。
中にはすでにやりたいことを見つけていて現在通われている学校を選んだ方もいらっしゃるかと思いますが、そのやり方がベストだと思います。
今ではまるで専門学校のような通信制高校が増えてきていますので、前もってやりたいことを決めてそれを学ぶことが出来る学校を選ぶのも良いかと思います!


働きながらでも通う事が出来ます!

また、働きながら通う事も出来ますので卒業資格を取得したい方にもおすすめです。
最近では卒業資格を求めている企業も多くなってきていますので、通信制で取得するのが良いかと思います。
働きながら通う事が出来ますので、とても心強く助かりますよね。
もちろん、その際もしっかりスクーリングへ行ったり課題をこなしたりしなければいけませんので、無理をしない程度に頑張って進めていただければと思います!

通信制高校の選び方ってあるの?

通信制高校に進みたいと考えている方はどのような選び方をすればよいのか迷ってしまいますよね。
人それぞれだとは思いますが一番はやはり授業料とその学校の授業科目ではないでしょうか。
やはり授業料は気になりますし、ご自分が学びたい科目があるのかという事についても前もって調べてお決めになっている方もいるかと思います。


通信制高校は専門学校みたい?

現在の通信制高校はまるで専門学校のような場所が増えつつありますので、選ぶのも楽しいかと思いますし実際に学ぶのも楽しいかと思います。
アニメや美容について、就職についてなど色々なことについて学ぶことが出来ますのでまるで専門学校のようになっています。
ですので、中学の卒業進路でそのまま通信制高校を選んでいる方も多くなってきているみたいですよ!
全日制の高校では数学や国語などについて学びますが、通信制高校ではそういったことを学べるところと専門的なことを学べるところと違ってくるのがなんだか不思議ですね!


自分のやりたいことを見つけよう!

通信制高校へ進む際には先にご自分のやりたいことを見つけてからにしましょう!
やはり大事なところだと思いますのでまずご自分が何をやりたいのかについてよく考えてからお決めになるのが良いかと思います。
それによって本来の全日制へ通うのか、それとも通信制の学校へ通うのか変わってくるかと思いますのでお決めになる際には慎重に。
また、ご自分が行きたいと思っている学校について色々調べてみるのも良いかと思います!